HOME>特集>聴神経腫瘍や下肢静脈瘤は放置しない!不調が現れたら病院を受診

聴神経腫瘍や下肢静脈瘤は放置しない!不調が現れたら病院を受診

カウンセリング

聴神経腫瘍も下肢静脈瘤も女性の発症率が高い

聴神経腫瘍とは脳腫瘍の良性腫瘍の一種になります。聴神経腫瘍は手術などの治療法により改善が期待できるのですが、症状が悪化すると聴覚が失われるリスクが高くなりますので早めの発見、治療が求められます。初期症状としてはめまいや耳鳴りです。また、他にも病気はあり、下肢静脈瘤は足の血管がこぶ状に膨らんでくる病気です。痛みや身体のだるさ、むくみ、こむら返りなどが主な症状になります。聴神経腫瘍も下肢静脈瘤も女性に多く見られる症状です。特に下肢静脈瘤は遺伝的要素を受けやすいので、両親に症状がみられる方は特に注意しましょう。

通院や治療の負担を軽減する方法

聴診器

自分の体調を把握

下肢静脈瘤も聴神経腫瘍も早めに発見できれば治療も短期間で簡単に済むことがほとんどですし、改善も期待できるようになります。早く改善するためには自分の身体の不調に対して敏感になることです。少しでも不調が見られたらすぐにお医者さんを受診することで早期発見が期待できるようになります。

自分の両親を調べる

下肢静脈瘤に関しては遺伝的要素が強く、両親が下肢静脈瘤だった場合90%、片親でも45%とかなり高い確率で遺伝の影響を受けます。特に女性に多い病気ですので、両親もしくはどちらかに症状がみられるときは足の血管の変化によく注意を払っておきましょう。

症状について理解しておく

下肢静脈瘤も聴神経腫瘍も早期発見をすることが重要になりますが、そのためには初期症状について理解しておくことが欠かせません。少しでも初期症状が見られてどちらかの病気が疑われたら速やかに病院に行きましょう。浦安には夜間診療を行っているところもありますので、仕事で遅くなる方でも診てもらえる可能性が高いです。

経験豊富な病院やクリニックを選ぶ

下肢静脈瘤も聴神経腫瘍もその治療実績が豊富な病院やクリニックで治療を受けることが負担を減らすことにつながります。経験が豊富だと治療の選択肢も多く、早い回復や改善が期待できるようになるからです。そのためにも病院やクリニックのリサーチはしっかりと行いましょう。

広告募集中